四国で唯一全国平均を下回る薬剤師数

愛媛はいろいろな良いところがあります。
愛媛で一番有名なところが、夏目漱石の「坊ちゃん」にも登場する道後温泉でしょうか。
道後温泉がある松山市には、いまも路面電車が走りとても風情のある町です。
松山市で薬剤師として働き、仕事帰りには温泉で風呂を浴びるなんて豊かな暮らし方ができそうです。
そんな良いところがいろいろあり暮らしやすい愛媛ですが、四国で唯一薬剤師の数が全国平均を下回っているというのは意外です。
薬剤師の数が少ないということは、薬剤師求人を出しても薬剤師がなかなか集まらないということになります。
薬剤師としては自分の希望通りの転職ができる可能性が高い、とても働きやすい地域ということができそうです。
ただ、2006年、松山大学に薬学部ができたため、薬剤師不足も解消に向かうのではないかと言われています。
つまり、自分の希望するような転職をするのなら、薬剤師が足りていない今のうちの方がいいということになりそうです。