高知の薬剤師求人の特徴は?

坂本龍馬の故郷であり、カツオで有名なと南国高知は人口76万人に対し。
1700人弱の薬剤師さんが働いています。
そのうち、約52%が調剤薬局勤務で.30%が病院・診療所となっています。
また、最近では高知市や土佐市などの中心部や主要駅のある住宅地などにチェーンのドラッグストアの進出も相次いでおり、ドラッグストアの薬剤師求人が増加している状況です。
そのほか、高齢化が進むなか、老人ホームや在宅医療チームの一員として働く薬剤師求人も目立つようになりました。
高知県内の全体的な傾向としては調剤薬局の求人が多く、かつ、給与が高めの案件が多いのが魅力といえるでしょう。
たとえば、土佐市で総合病院門前の調剤薬局のケースで、正社員の年収は経験に応じて600万円から800万円です。
経験3年の20代後半のモデル年収は600万円、経験5年の30歳で650万円となっており、頑張り次第で30代で700万円といえるかもしれません。
総合病院前は応需科目が10を超えるのでスキルアップに繋がりやすく、1日の処方箋枚数も150枚を超えるなどやりがいがあります。
病院のドクターとの対応があるなど、キャリアアップにはピッタリです。
また、主婦の方に人気のパート勤務の場合、たとえば、高知市内の大手調剤薬局チェーンの場合で時給は2500円から3000円と厚待遇となっています。
業務マニュアル完備で未経験の方やブランクがある方の受け入れ環境が整っていたり、マイカー通勤可能な駐車場ありの求人も多いのが魅力ですね。