香川の薬剤師求人の特徴は?

うどん県として人気を高めている香川県は2010年度のデータによると人口は約99万人で、薬剤師数は2200人あまりです。
47都道府県中では全国33位と少ないのですが、人口10万人あたりの薬局従事薬剤師数でみると、114.4人となります。
こちらは全国11位のランクですので、意外に数は多いのです。
とはいえ、讃岐うどんの県として注目を浴びている香川県は、観光客はもちろん、企業誘致なども盛んで県外からの流入者が増え人口が増える可能性があります。
それに比例する形で病院や薬局、ドラッグストアなどの数も増えていきますから、薬剤師求人は要チェックといえるでしょう。
特に住人が多いエリアや観光客が多いエリアでは、ドラッグストアの進出や店舗数の増加も顕著となってくるでしょう。
日々の生活や観光客の需要を満たすうえでは、処方薬だけでなく、OTC医薬品や日用品、化粧品、旅行グッズなどの売上が見込めるためです。
未経験の若い薬剤師さんには働きやすい職場だと思います。